保育園を建築するには

保育園を建築するには、建築会社の協力が必要不可欠です。

オーナーとして建築会社を選ぶときには、どんなところに注意すればよいのかを解説します。まず、保育園は他の一般的な建築物とは異なる性質があるという意識を持ちましょう。

なぜならば、オフィスビルのような建物は大人が使いますし、その他の建物であっても主要な使い手は大人です。

それは当然のことなのであまり意識しないかもしれませんが、保育園との対比で考えると非常に重要です。保育園は言うまでもなく、ちいさな子供たちが利用する場所です。

大人の施設をつくるのと同じロジックで作ってはいけないのです。たとえば、子供は遊び場が必要です。大人とは異なり、思い切り走る場所も必要でしょう。このように考えていくと、子供の目線に立って保育園を作ってくれる会社に依頼することが重要なのです。最初のミーティングでは、子供たちの成長にとってどんなことが必要なのかを伝えてください。

それが建物そのもののコンセプトになるからです。オーナーの考え方を理解した設計者は、子供の視点に立って建物を設計してくれます。第一段階としてどんなものになるのかをチェックしつつ、何度もミーティングを繰り返していきましょう。そうすれば、あなたが納得できる建物ができ上がります。

もちろん、建物だけでなく遊び場との調和も大切なコンセプトになります。子供たちは、建物内だけでなく庭でも長い時間を過ごすことになるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です