保育園を建築するのに必要な事と国や行政の補助

保育園を建築して開園するにはまず建築する土地を用意する必要があります。土地はどこでもいい訳ではなく、厚生労働省が定めたガイドラインにあった土地を確保しないといけません。

土地の広さにも規定がありますし、周辺の交通量が多かったりすると不適格な場所とみなされて許可が出ません。

開園するにあたっては園児の人数に対して必要な保育士の人数が決められているので、人員の確保が必要です。また円滑に運営をするには地域の協力も必要なので、建築を始める前に周辺住民から理解を得られるように説明をしないといけません。保育園の建設する時は国や地方自治体から補助金を受けることができます。

幼い子供がいる親が労働市場から消える事なく、社会に参加できる社会を目指す中で子供を預けられる保育園を増やす事を目的として国や自治体から補助を出しています。

自治体から出ている補助に関しては全国で一律ではなく、条件や金額は地域によって異なっています。同じ地域に建設された保育園でも規模によって補助金は段階的に変わっていきます。保育園の建設する時は開園を認可してもらえるような建物を設計しなくてはいけません。園を運営する側は建設する事には専門的な知識がない事もあります。

そのような場合に建築から開園までをサポートする業者もあります。建物の設計だけでなく、補助金に関する事やその他の業務をサポートしてくれる業者のプロデュースの元開園を目指す園も多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です