土地活用に保育園建築を行う場合

もし使っていない土地で何かしらの土地活用を考えている人の中には、保育園を考えている人も多いのではないでしょうか。

保育園建築で土地活用をするための方法としては、運営業者に土地を貸す方法と自分で建物を用意する方法の2つがあります。一般人が土地活用を行う場合、ほとんどの場合が運営業者に土地を貸す方法がメジャーとなっています。

既存の保育園を運営している業者に土地を貸すことで、毎月の借地代が入ってくるというメリットがありますが、あくまでも借地料しか入ってきませんから収益は一切手に入れることはできないので、収益は低いといえます。

一方アパート運営のように自分で建築することも可能ですから、発生する収益が自分のものとなり多額の収益を手に入れる可能性もあります。安定した経営が継続できれば、高収入を恒久的に確立することができますが、初期投資が数千万円~数億円単位で必要となりますし、運営に失敗すれば多額の借金が残るというデメリットもあります。

もし自分で建築するなら保育園向けの建物を施工できる建築業者を見つけ、きちんと周辺住民の理解を得ておくことも大切です。

最近は騒音問題などで住宅街に新たに保育園を建築するのが難しくなっていますから、事前に周辺住民の理解を得ておかないと後々トラブルとなるケースも考えられますから、十分注意しておきましょう。また建設する場合には信頼できる業者を選ぶことが、失敗を防ぐためには大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です