保育園を建築する時の注意点

土地活用のために保育園を建築しようと考える人は少なくありませんが、建築するにあたってメリットだけではなくデメリットもありますから事前にしっかりと理解しておく必要があります。

保育園を始めるメリットとしては、長期にわたって安定した収入が見込め、近年問題となっている待機児童問題に協力でき、多くの子供のためになることでやりがいや喜びを感じることができます。

また、建築には補助金制度がありますから、騒音対策などもまかなうことができます。このようにさまざまなメリットがある一方で、保育園を設立するまでにさまざまな調査が必要となり、クリアできなければ土地があっても保育園を始められる保証もありませんし、近隣住民の反対にあう可能性もありますから、事前に調査をしっかりと行い地域住民の理解を得る必要があります。

建設方法には大きく分けると2つの方法があり、自分で保育園を建てた後賃貸として貸し出す方法と、土地をそのまま貸す方法とがあります。

一般的なケースでいうと、園児が45人で保育費が5万円、補助金が3万円の場合最低でも補助金と保育料をあわせて360万円の収入が見込めます。自治体や園児の年齢などによっても補助金の金額は異なりますしここから人件費や必要経費が引かれますから、事前にしっかりとシミュレーションし検討することが大切です。待機児童がたくさんいる中で、自身の土地活用を考えている場合には、社会貢献につながりますからよい土地活用をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です