保育園の需要が高まり、各町で建築が検討中です

少子高齢化社会になり、その影響が各分野に訪れています。

また社会構造の変化により、今では多くの世帯で父親と母親が働くようになりました。

昭和の頃のように母親が常に在宅する、という世界では無くなっており、フルタイム勤務で商社で働くママも増加中です。更にフルタイムで働くのは厳しいと考える主婦も、今では家計のためにパートや短期という形で共働き状態になっています。

共働き世帯の増加によって、世間の保育園への需要も急激に増加しているのです。特に都内では共働き世帯がここ最近で急激に増えてきており、幼い子供を日中保育園に預けたいと考える母親が大勢いらっしゃいます。

気軽に子供を預けられる友達や親戚が近くにいれば話は別です。しかし田舎から東京に夫婦二人で上京してきた世帯には難しい事でしょう。

世間の需要の高まりを受けて、各地で保育園の建築が検討されています。保育園は福祉施設という側面もあり、その建築には公的な支援が行われています。

福祉事業と言えば、近年では高齢者向けの介護施設ばかりが注目されていますが、若い世代が強く必要と感じているのは、子育てを支援してくれる施設の方です。

都内には土地が無く、新しい福祉施設の建築が難しいと言われています。しかし最近では再開発が各町で進められています。伝統的な街並みや古い施設を上手く残しつつ、若い世代が必要とする保育園やショッピングモールを新設する計画が進行中です。街は生きており、若い世代の要望を聞き、必要な部分は改善し進化していかなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です