より暮らしやすい環境のための保育園建設

保育園とは、児童福祉施設のことであり、0歳から子どもを預けることのできる施設です。

その保育時間も幼稚園と比べて長く、共働きでも時間に融通がつけやすいことが特徴です。

そのため、一般的な契約は市町村と保護者間になってしまうので、思うように入園させることができない場合も少なくありません。

それは、子どもの数に比べて保育園の建設数が少ないことが理由のひとつに挙げられます。土地を活用する上での保育園の建設は、地域に貢献しながら安定した利益を得る事ができるものになってます。

認可保育園を建設するとして、土地を提供した場合、実際の借主は営業をする事業所ではなく、市町村などの地方自治体ということになります。

そのため、契約は20年以上の長期間であり、毎月の賃料は一定です。賃貸契約が難しい場合は、リース契約にすることもできる場合がありますし、建設する上で補助金や助成金が活用できる一定の水準もあります。しかし、地域住民との交渉によっては成立しないということもあるのが現状です。

保育園建設に反対する声はニュースになることも多く、問題として挙げられるのは子どもの声による騒音です。

近年では核家族化が進み、子どもの育成を応援する場や、子どもが遊ぶ場所、見かける場所も少なくなってきました。そのため、子どもの数も少なくなっているのです。子どもやその家族が住みやすい場を提供する取り組みの一つとして問題を見直していくとともに、地域住民との話し合いによってひとつずつ解消していくことも重要になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です